So-net無料ブログ作成
検索選択

O157の感染経路「でりしゃす」2次感染の原因はトングの使回しか

埼玉県熊谷市や群馬県前橋市の総菜店「でりしゃす」で買ったポテトサラダなどを食べた客から相次いでO157(腸管出血性大腸菌感染症)が検出された問題。8月11日に、「でりしゃす六供(ろっく)店」で買った総菜を食べた2人がO157に感染、うち都内の3歳の女の子が死亡する痛ましい事故があった。しかし、女の子は、ポテトサラダではなく、加熱調理後の「タケノコやエビの炒め物」などしか口にしていない。前橋市は、トングの使い回しなどが原因で金が付着する加熱調理後の二次汚染の可能性もを示唆。店側の杜撰な管理体制が見えてきた。


スポンサーリンク






8月11日「でりしゃす六供店」で加熱食品を食べた3歳の女の子が死亡



今年8月、群馬県と埼玉県にある「でりしゃす」の4店舗で加工・販売されたポテトサラダやコールスローサラダなどを食べた23人が腹痛などを訴え、このうち20人からO157が検出。この問題を受けて、3 日間の営業停止処分を受けた「でりしゃす」籠原店、六供店を含む17店舗は、8月下旬より自主的に営業を休止していた。

しかし、営業休止前の8月11日に「でりしゃす六供店」で買った総菜を食べた2人がO157に感染。同日正午ごろ、家族ら11人で総菜を食べたがうち都内の3歳の女の子が死亡する痛ましい事故があったことが明らかとなった。

この問題を受け、前橋市の渡辺直行・保健所長らが13日午後3時から記者会見を行った。

スポンサーリンク






O157の感染経路に新事実:加熱品の2次感染、原因はトングの使回しか



前橋市はO157感染経路が「炒め物が原因かどうかは不明」とした上で、先日13日に行われた会見では、「家庭では加熱=殺菌だが、客に提供するものは1回加熱し無菌になっても、低温になれば無菌ではなくなる」と説明。
「加熱調理後の二次汚染の可能性も強くなってきたのかなと思っています」と店内で販売中に何らかの理由で菌が付着し二次汚染が広がった可能性があると指摘。
具体的には、トングの使い回しなどが原因で菌が付着する加熱調理後の二次汚染の可能性を示唆した。

・「でりしゃす六供店」では、総菜がふたのない状態で大皿に入れて販売されていたこと
・「でりしゃす六供店」では、問題が発覚するまで、量売りのトングを複数の総菜で使い回していたこと
・同一のまな板や包丁を多くの食材で使用していたこと

が明らかとなっている。感染経路の原因の追及には、至っていないがその杜撰な管理体制には少々問題があったようだ。

スクリーンショット 2017-09-14 7.11.45.png
(出典元:日テレニュース

こうした市の発表を受けて、スーパーの利用者からは、下記のようなコメントが寄せられる。

スーパーでトングを落としたのにそのまま元にもどしているおばさんが いました。店員にトングを渡しましたけど知らないでそのトング使っていたかもしれない。 あとむき出しで陳列されてる揚げ物も子供が触っているのも見ました。


トングとかって言い出すと、ホテルバイキングやパン屋なんか、ほとんどがそうなんじゃないか?と思ってしまう。


トングが原因だとすればトングを使って販売している所は腐る程あるし、女の子にちゃんと手を洗わせなかった可能性もあるし、ポテサラと違って完全加熱食品だから原因が難しいな。子供は視点が低く地面も安易に触れるから何でも触ってしまうから、とくに入念な手洗いは必須。大人もちゃんと手洗いは必須だけど… 原因解明を望む。


なお、17店舗は9月7日に全店営業を再開した。管理部マネジャーの広谷直也さんは「より一層の衛生管理の徹底を図りたい」と、この事態を重く受け止めた上で、安全対策の強化として、1)商品の個別包装や2)サラダ専用の調理スペースの設置、3)アルコール消毒液の増設など設備や管理体制を強化。4)従業員の社内教育も徹底しようと、そう前に動き出した矢先の死亡事故。

スクリーンショット 2017-09-14 7.37.42.png
スクリーンショット 2017-09-14 7.37.48.png
スクリーンショット 2017-09-14 7.37.55.png
(出典元:でりしゃす全店営業再開に関するお知らせ(第五報)

やはり、原因の究明に至っていないにもかかわらず、営業を再開したことに疑問を持つべきだったのだろう。 厚生労働省によると、両県を含む計11都県の患者(都内を含む関東、滋賀、三重、香川各県)からも、同じ遺伝子型のO157が検出されていた。感染が確認された県では、感染者らに、接触した動物や水遊びをしたプールや川の場所など詳しく聴いている。


スポンサーリンク







コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。