So-net無料ブログ作成
検索選択

誤認逮捕された21歳女性は実名報道と勾留19日!慰謝料・損害賠償はいくらか?

「ツイッター」を利用した詐欺事件に絡み、徳島県警三好署が愛知県豊田市の専門学校生21歳の女性を詐欺容疑で誤認逮捕していたことがわかった。関ジャニ∞(エイト)のコンサートチケットを女性名義で販売し、現金をだまし取ったのは、京都市内の中学3年の15歳の少女。騙された徳島県警はネットでは無能警察とも揶揄される。9月11日は「警察相談の日」にこの事件が起きたことは大変、遺憾。賠償金は19,000から237,500円?


スポンサーリンク




 


徳島県警の誤認逮捕、事件の詳細について時系列




2016年8月
・21歳の女性が持つツイッターアカウントで、「『関ジャニ∞』の徳島公演に行けなくなった。チケットを譲る」という書き込みがあった
・徳島県内の18歳の高校生2名がチケット4枚分の代金4万円を振り込んだ
・しかし、チケットは届かず被害相談を受けた三好署が詐欺容疑で捜査を進めた


2017年5月15日
・徳島県警が愛知県豊田市の専門学校生の女性21歳が徳島県警に逮捕。同月送検
・しかし、女性は容疑を否認していた
・ところが、徳島県警察がチケット売買に係る現金の流れを精査したところ、ツイートも現金を受け取ったのも全て15歳の女子中学生であることがわかった
・19日間の勾留後、21歳の女性を処分保留で釈放した

2017年9月10日
・徳島県警が誤認逮捕を報道、現金をだまし取っていた人物を既に特定しており、週明けにも摘発する方針を示す方針。また、女性の誤認逮捕についても発表すると見られる


スポンサーリンク






誤認逮捕された21歳女性は実名使用で19日勾留!慰謝料・損害賠償はいくらか?



今回、15歳の女子中学生が、21歳の女性のツイッターのアカウントを乗っ取られたことで、
徳島県警に誤解を与えてしまいました。警察も単純すぎる操作は、ど素人かと思わずツッコミを入れたくなりますね。

そもそも、「誤認逮捕」とは
無実の人を逮捕してしまうことですが、意外とその件数は多く2010年では343件もあります。年間約40万件の検挙数があるの中でこの数字は果たして多いのか、少ないのか。
その多さも問題ですが、肝心の誤認大悟された方の人権問題にも関わりますね。

例えば、2004年四日市市で発生した「四日市市ジャスコ誤認逮捕事件」では、
大型ショッピングモール内で起きた窃盗事件。詳細は、女性が「泥棒」と叫び、近くにいた男性を警察は拘束しましたが、無論無実の彼はストレスによる心不全で脂肪。その後の警察の調査で、叫んだ女性が真犯人であることが判明した事件がありました。

この時、男性側の遺族が三重県に対し、民事訴訟を起こし、3,640万円の支払いを損害賠償請求しました。

誤認逮捕を受けると、裁判で無実が認められた場合は刑事補償法の対象になります。
日本の憲法では、
『何人も、抑留又は拘禁された後、無罪の裁判を受けたときは、法律の定めるところにより、国にその補償を求めることができる』(憲法40条)

と規定されており、刑事補償法4条1項によれば、刑事補償法は、逮捕・勾留1日あたり1,000円以上12,500円以下の割合による補償金の交付を受けられるようです。
(参考元:https://www.bengo4.com/c_1009/c_19/n_131/

今回女性は、19日の勾留に遭ったわけですからその金額は、少なくても19,000から237,500円
しかし、徳島県警からは実名報道をされ誤認逮捕、さらに19日の勾留ともなれば、
精神的な被害も少なからずありますし、本人の人権、今後の生き方にも関わることです。
女性がどのような気持ちでいるのか、その意志はわかりませんが、訴えを起こせば徳島県もただではすみません。


スポンサーリンク





コメント(0) 
共通テーマ:芸能

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。