So-net無料ブログ作成
検索選択

山尾志桜里とK弁護士の文春砲!小林よしのり関係筋、不倫情報漏洩は民進党内乱か

山尾志桜里議員とイケメン弁護士倉持麟太郎のお泊り禁断愛を「週刊文春」9月7日発売号が文春砲。9月2日民進党幹事長に内定していた山尾志桜里議員の突然の人事撤回の裏には、妻子持ち弁護士とのW不倫疑惑スキャンダルが。ここでは、「週刊文春」が報じた禁断愛の内容とともに、二人が接近したきっかけと、「週刊文春」に醜聞をリーク・漏洩した人物が民進党内部にいた可能性について情報をまとめました。


スポンサーリンク





9月2日民進党幹事長に内定していた山尾志桜里議員の祝賀会で隣席した小林よしのりさんが、
山尾志桜里議員とイケメン弁護士倉持麟太郎の恋のキューピットと話題に。

スクリーンショット 2017-09-06 22.56.44.png
(出典元:https://twitter.com/hakuraku94/status/904950726660689923

山尾志桜里議員とイケメン弁護士倉持麟太郎の出会いのきっかけは、小林よしのりだった


 
小林よしのり
スクリーンショット 2017-09-06 22.13.17.png
(出典元:http://blogos.com/article/244570/

『東大一直線』『おぼっちゃまくん』などのヒット作で知られる漫画家の小林よしのりさんが、
山尾志桜里議員とイケメン弁護士倉持麟太郎の”恋のキューピット”だという。

ことの始まりは、2016.12.21(水)のこと。
山尾志桜里議員が、小林よしのりさんの職場を来訪。

目的は、「皇位検討委員会」の論点整理に関する文書を届けるため。そこに、

文書は、「国民的検討にむけた論点」として
(1)退位についての論点として天皇の退位を認めるべき(2)皇室典範か特例法かに関しては皇室典範の改正によるべき(3)皇室典範改正の基礎的論点については皇室典範第4条の改正が中心になる。「天皇は、皇嗣が成年に達しているときは、その意思に基づき、皇室会議の議により退位することができる。」との規定を新設すべきである
(引用元:https://www.minshin.or.jp/article/110641
当の項目を提示しているものだ。

小林よしのりさんは、前原民進党の代表代行が9月3日に山尾志桜里議員を幹事長に指名したことに対して、
「これはいい!一気に華やかさが出る。わしは山尾志桜里を首相にする会・代表だが、こんなに早く出世するとは思わなかった。」
(引用元:http://blogos.com/article/243939/
と、山尾志桜里議員にエールを送る人物の一人。

当時のことを小林よしのりさんは、下記のようにブログに綴っている。
午後に山尾志桜里議員が、わしの仕事場に、論点整理の 文書を届けに来てくれ、あとで倉持麟太郎氏も駆けつけて、 状況説明を聞いた。

(引用元:https://yoshinori-kobayashi.com/12045/

とあるように、まさに出会いのきっかけであり、火付け役でもあった。
山尾志桜里議員と関係の深い小林よしのりさんに、文春記者は、9月6日に電話取材を決行。
昨日、週刊文春から電話があった。意味わからんなあと思ってたら、そういうことか。

さらに、テレビ局各社からも取材依頼を受けているようだが、全て断っているとか。「
木曜になったらバレてしまうが、めんどくさいことになったなあ。」
(引用元:http://blogos.com/article/244465/)と思わず本音を漏らすも、
「わしは山尾志桜里を総理にする会・代表だが、まだ代表を降りるつもりはない。」
(引用元:http://blogos.com/article/244570/)と希望を捨てたわけではない強気な姿勢を見せている。

なお、今回の文春リークに関して、民進党内部にその首謀者がいたのではないかとの噂もある。


スポンサーリンク




 

山尾志桜里議員とイケメン弁護士倉持麟太郎の醜聞、リーク者は民進党内部にいたのか


 

問題となったのは、民進党所属の参議院議員:有田芳生のツイッターでもこの発言。
2014年6月24日のこと。




長年の「同志」松井清人さんが文藝春秋の社長に就任しました。年初から情報はありました。6月19日の株主総会で決定したそうです。久びさのうれしい知らせでした。


さらに、2016年5月6日。




文藝春秋のサロンで「週刊文春」の新谷学編集長と雑談。快進撃の秘訣を聞きました。いちど社長室を見たいと連絡したら松井清人さんは不在。残念です。


有田芳生(ありた よしふ)議員

スクリーンショット 2017-09-06 23.34.02.png
(出典元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%89%E7%94%B0%E8%8A%B3%E7%94%9F#cite_note-35

有田芳生(ありた よしふ)議員は、1952年2月20日 京都府京都市右京区生まれの65歳
日本共産党に所属したのち現在は、民進党所属の参議院議員。1986年(昭和61年)にフリーランスのジャーナリストとして『朝日ジャーナル』の霊感商法批判キャンペーンに参加した経験を持ち、『週刊文春』でも統一教会報道に携わるなどジャーナリストとしての一面も持っている。

松井清人さんとは20年以上も前からの知り合いで、同士であることを明かす。

スクリーンショット 2017-09-06 23.19.56.png
(出典元:https://twitter.com/aritayoshifu/status/727998193405829121




また、有田芳生Twitterでは週刊文春に関するツイートが多く、単なる同士というよりは、情報をリークしている疑惑が持たれてやまない。そして今回の山尾志桜里議員とイケメン弁護士倉持麟太郎のお泊り禁断愛が文春砲されるより以前、「山尾代表ー枝野幹事長を実現できないか。」と熱烈に山尾志桜里議員を押しまくっていた有田芳生議員。








なぜここまで山尾志桜里議員を話題に挙げるのか。
それは、人事決定したのちに落とすのが政治家人生を狂わせるのに、一番適した方法なのではないかとの声も。政界では、民進党内部の人事をめぐる乱闘劇だという意見も少なくない。





日本維新の会の足立康史衆院議員は、「保育園落ちた 日本○ね!」と「ユーキャン新語・流行語大賞」のトップ10に選出された流行語フレーズに乗じて、『幹事長落ちた、民進党○ね。』と揶揄。民主党内部の乱闘劇だったとしたら、他政党の思うツボである。


スポンサーリンク




 


コメント(0) 
共通テーマ:芸能

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。