So-net無料ブログ作成
検索選択

松居一代 新潮で居場所特定も即逃亡!カプセルホテルの場所はどこ?集団ストーカーにはぐれメタル級の逃げ腕披露!!

7月12日発売の週刊新潮で松居一代さんの居場所や潜伏先とされるご自宅へ取材。同居しているおばあちゃんが全部、話しちゃったんです。路上にて、午前4時に味噌汁を飲んでいるって一体、松居一代さんはどんな潜伏生活を送っているのでしょうか。しかし、女の勘で取材の前に逃亡したって本当?居場所はカプセルホテルで場所はどこ?動画撮影の協力者は同居しているおばあちゃんの孫ってどういうこと?


スポンサーリンク






週刊新潮が、午前4時50分に都内の路上で松居一代さんを発見しました。
ツイッターで下記のように明かした居候先の89歳のおばあちゃんのご自宅の近所とも思われる路上にて。

▼居候先のおばあちゃんとツーショット
スクリーンショット 2017-07-13 12.51.23.png

(出典 ツイッター


▼右手には割り箸と。左手には豆腐とわかめのインスタント味噌汁が。ノースリーブのヨレヨレワンピースにスニーカー。黒いサンバイザーという松居一代さん。
スクリーンショット 2017-07-13 3.50.36.png

新潮によると、居候先の89歳のおばあちゃんに直撃取材を決行しました。その新潮社の撮影した写真の背景からビビットが独自取材で松居一代さんの居場所が特定されました。しかし、現在松居一代さんはブログで明かしていつように、逃亡していて、ホテルに宿泊しているとか。一体、場所はどこなのでしょうか。



松居一代 番組独自取材で潜伏先の居場所であるおばあちゃんの家が特定されてしまうも女の勘ですぐに逃亡図る!



松居一代さんが逃亡を図ったとされることが判明した動画はこちら。




■動画の内容は?
・7月4日に、松居一代さんの居場所先に週刊新潮の鎌田記者が突き止めてきた。
・おばあちゃんと、松居一代さんがご飯を食べているところを激写
・新潮社に電話をしたが、「それってどういうこと?」と逆質問される
・しかし、女の勘で逃亡を図る

つまり、週刊新潮によって場所が特定されました。

また、この新潮社に掲載された写真から松居一代さんの居場所をビビットが追かける事態にまで発展。

▼ビビットの独自調査

スクリーンショット 2017-07-13 3.57.04.png

スクリーンショット 2017-07-13 3.57.12.png


居候先のおばあちゃんの近所のコンビニと判明。
新潮社が書いているように、近くの肉屋さんでコロッケを買うなど普通に平然と周辺を歩く。

スクリーンショット 2017-07-13 3.58.56.png

スクリーンショット 2017-07-13 3.59.11.png


潜伏先のおばあちゃんの家にはお孫さんがいる。
スクリーンショット 2017-07-13 3.59.55.png

週刊新潮によると、このお孫さんというのが、松居一代さんのユーチューブ動画撮影の協力者で都内の大学生。松居一代さんの息子船越隆一さんと仲が良いとされる友人でもともと顔見知り。職業が映像クリエーターということもあり、松居一代さんの撮影協力者として抜擢される。その彼が同居している89歳のおばあちゃんの家に松居一代さんは転がり込んでいたというのです。


しかし、先に書いたように、そろそろ誰か来ると思っていた松居一代さんは逃亡を図ります。ブログにもそのことが書かれていますね。

家族だけに…緊急報告」(2017-07-11 17:36:07)

所持品の紙袋を抱えて 逃げてるよ…… 地下鉄、バスを乗り継いで



負ける戦はしないよ?」(NEW!2017-07-12 14:19:07)
カプセルホテルって 泊まっことありますか [?] あたし…好きなんだ すご?く、楽しいよ?


第2の人生スタートよ」(NEW!2017-07-12 19:16:04)
実は、この騒動が起きて 逃げた、初日に デパートで、 キャーかわいい… そんな、バックを見つけてしまったんです ジーンズ地に、スパンコールで イニシャルが入っているの



これだけでは、居場所は特定できないのですが。
松居一代さんは現在、カプセルホテルに潜伏中ということですね。
場所はおそらく都内と思われますが。

一体どこなのでしょうか。
一方でこんな声も聞かれますね。



スポンサーリンク







松居一代の潜伏先を追いたくなるのは集団ストーカーの心理!?はぐれメタル級逃げ腕はどこまで通用するのか!?











しかし、松居一代さんもご自身でLINE@を開設したり、ブログで状況や心境を明かしたり。追いたくなるような行動をしているのですよね。マスコミの追いたくなる心理と松居一代さんがその種を撒き散らしているこの戦闘体制に踊らさせる世間もそろそろ決着をつけて欲しいと思ってくるところではないでしょうか。何か、本当に大きな事件が起きる前に。


スポンサーリンク









コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0