So-net無料ブログ作成
検索選択

青葉台駅 人身事故 痴漢は冤罪か!?犯人の名前や画像 会社名は?女は逃走で冤罪の可能性?靴が当たっただけ・・・

15日夜8時半前、青葉台駅にて女の人のキャーと云う声が聞こえたかと思ったら、急に痴漢男性が暴れ出し逃げるように線路に落ちて、そして東急田園都市線の電車にひかれ死亡。昔話に出てきそうな、教訓めいた事件です。痴漢男性の名前や会社名は公表されているのか?一方で、今回の痴漢は靴が当たっただけどの目撃もあり、当事者の女性もその場から立ち去ったということから冤罪の可能性も?


スポンサーリンク






1c12abb24d96d5964bca9608639d0afc_s.jpg

東急田園都市線青葉台駅で痴漢発生するも、逃げた男性が死亡する怪事件!



東急田園都市線青葉台駅は、こちら。




ここで、午後8時半前に
「男性が電車と衝突した」

と119番通報がありました。

警察によると、
男性は電車の下に挟まれた状態となり
救助されたものの、全身を強く打って死亡。

目撃者によると、
「女の人のキャーという声が後ろの方から聞こえて、見てみたら女の人が男の人の袖をつかんでいて、その人を男性2人がかりで取り押さえているような感じだった。急に男性が暴れだして逃げ出すような感じで線路に落ちた」


ということで、ホームで女性を痴漢した男性が乗客らに
取り押さえられた

動揺したのか線路内に降りて逃走した

入ってきた電車にひかれた

と云う漫画に出てきそうな教訓めいた怪事件ですね。

なお、電車は午後10時頃に全線で運転再開をしました。

きになる男性の名前や会社名は?


痴漢で逃走した男性の名前、画像、会社名は?



男性の詳細な情報について調べたのですが、
やはり名前を公開しているところはなく、
ゆえに顔写真や会社名も公開されていません。

わかっているのは30代であるということのみ。
また、女性についても警察から証言が取れていないのも不思議ですよね。

というのも、実は女性はその後逃走してしまったのだとか。
痴漢事件の当事者が逃走してしまっては貴重な参考証言も取れませんし、

まさか冤罪では?と言う可能性まで広がるのです。
実際に冤罪の可能性はすでにツイッターなどネット上でも話題になっています。


スポンサーリンク






冤罪か?一人芝居か?痴漢で逃走したのは男性だけではない!女性はどこへ消えた?



ツイッターでは、冤罪被害では?と言う話題で持ちきりです。













これが本当なのであれば、
男性は冤罪被害者ということになります。

真相はまだ解明されていませんが、
もし女性の一人芝居であれば、
これはさすがに訴えてもいいんじゃない?
と個人的には思いますね。

世間からは、こんな意見も聞かれます。
死人にくちなしやから、本当に痴漢行為をしたのか、冤罪なのか解らないけどもし冤罪だと、この女性はとんでもない事をした事になる。


そして、中にはこんな意見も。




ここ、3〜4日以内に電車の痴漢事件で、冤罪被害によって
容疑をかけられた男性が自殺する、ホームに逃走する、死亡する事件が頻発。

というのも
取り押さえられたら99.8%有罪になるんだから逃げるだろうね そこにも問題があるんだけどね 最近、線路を逃げるのが流行ってるな


取り押さえられた時点で99%有罪になってしまう。
それならいっそのこと、逃げた方がまし!と考えてしまうのでしょうか。

もし万が一冤罪だとしても社会的には痴漢を疑われた男として扱われますからね…… 難しい問題ですね


女性が「痴漢です!」と一言言うだけで有罪になる。 そして、一生性犯罪者として生きていかなくてはならない。


冤罪や罠で嵌める人もいるから、それに日本では容疑者で報道された段階で一個人の人生をめちゃくちゃになる。


たとえ、痴漢が冤罪だったとしても一度疑われたり、
報道された時点で人生が終わってしまう、
という意見も多いですね。

そして、

解決策として意見の多かったものは、
やはり
男性専用、女性専用車両を作るべきでは?
という意見です。
最近こんなこと続きだし、やっぱり電車は基本男女で車両を別にすべきでは?

だから、男性専用車両を作りましょう。



中には、意識的に女性から離れて電車を利用する人もいるようです。
しかし、これが性差別になるのではないか?という意見も存在するのです。

なかなか解決にはほど遠いようです。
自己防衛に越したことはありません。


スポンサーリンク







コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。