So-net無料ブログ作成
検索選択

残業で稼ごうなんて甘い!3月残業しすぎてしまった人も4月、5月こそは抑えましょう!

こんにちは、モラトリアム中のシオンです。

よく聞く話で「3月、4月、5月は残業するな」っていうけど
「え?なんで?」って思うことないですか?
実際、世の中残業代で給料泥棒なんてよくある話です。
ところが、結論「残業代で稼ぐなんて甘い!」という話を今日はしようと思います。







私は恥ずかしながら意味が全くわかりませんでした。
でも、ちゃんと調べると理由は明快でした。



スポンサーリンク





社会保険料を見てみよう!



それは給与と社会保険料との間に深い関係のあるお話です。

みなさん、お手元に給与明細をご用意ください。
今すぐ準備のできない方は思い出してみてください。
給与から毎月社会保険料というものが天引きされているのは
ご存知ですよね?

実はこの社会保険料は
4〜6月の給与平均から割り出されています。
4〜6月の給与が高ければ課税枠は大きくなるので額面も大きくなるし。
その逆で4〜6月の給与が低ければ課税枠は小さくなるので額面は小さくなる。
4〜6月の給与というのは3〜5月の労働時間で決まるわけなので、
「3〜5月は残業をするな」と言われるわけです。


今更聞けない”社会保険料って何!?



ここで疑問に思った方も多いのではないでしょうか。
社会保険料ってなんとなく聞いたことはあるけど
実際何なのでしょうか?


会社で天引きされる社会保険料には
「健康保険」「厚生年金保険」「雇用保険」の3つがあります。
いずれも会社と折半した金額が引かれています。

健康保険とは?
厚生年金保険とは?
雇用保険とは?

(参考 健康保険とは | 健保のしくみ | リクルート健康保険組合、厚生年金保険とは|給与計算の基礎知識、雇用保険制度 |厚生労働省)


毎月の給与明細を見てみてください。
上の2つ、健康保険と厚生年金保険は毎月変動しないことにお気づきでしょうか。
たとえ月給が毎月変化していても、この数字は1年間は変わりません。

なぜなら、先ほども申し上げた通り1年間の社会保険料徴収額は
その年の3〜5月の月平均給与から算出される等級によって決まるからです。


等級とは?
こちらの表をご覧ください。
平成29年3月分(4月納付分)からの健康保険・厚生年金保険の保険料額表
(※保険料額表は都道府県ごとに異なります。ご自身のものをチェックしたい場合はこちらをどうぞ


保険額表の見方
4〜6月の標準報酬月額によって等級と標準月額が決まります。
例えば、(4月の給与5月の給与6月の給与)3(ヶ月)=20万円だったとします。
標準報酬月額20万円ということは、等級が17、標準月額は20万円ですね。


スポンサーリンク





どっちがお得なのか?




続いて気になるのは残業はした方が得か、
しない方が得なのかという点です。

ではその2つの場合の社会保険料額を割り出して
実際に差額を調べてみましょう!

<ケース1>「残業を抑えられた場合」
すると17等級の健康保険と厚生年金保険料が自動的に算出されますね。
そのまま17等級の横軸だけをスライドしてみていくとすると、
健康保険料が介護保険第2号被保険者に該当しない場合で9810円、
厚生年金保険料で20000円となります。
この社会保険料が今後、毎月の給与から天引きされていくというわけです。

介護保険第2号被保険者とは?

(参考 介護保険の保険料(第2号被保険者)|厚生労働省)


<ケース2>「めっちゃ残業してしまった場合」
では3〜5月にめっちゃ残業をしてしまって
標準報酬月額が平均して25万円になったとします。
すると、20等級の標準報酬26万円ですから、
健康保険料が介護保険第2号被保険者に該当しない場合で12753円、
厚生年金保険料で23636円となります。

では、ケース1とケース2を比較してみましょう。
ケース1では結局の所1年間の社会保険料学が
<ケース1>29,810×12か月=357,720
<ケース2>36,389×12か月=436,668
その差額、78,948円となります。

単純な比較はできませんが、
①4〜6月分の残業代ー②社会保険料の差額が一番わかりやすいですね。

今回、残業した場合、平均5万円アップのかける3か月分で、
確かに15万円の収入アップが見込めますね。
残業をした方がお得と思うかもしれません。
しかし、もしその3か月残業をしていなければ
78,948円まるまる得をしていたということにもなります。
残業で稼ぎたければ、6月以降にがんばって稼げばいいのです。

と、ここまで残業代ありきの話をしましたが、
中にはサービス残業という方もいるでしょうし、
そもそも残業するという考えってどうなの?と筆者は思うわけです。


スポンサーリンク





そもそも残業をして稼ぐって言う考え方ってどうなの?



残業論、多数ありますよね。
私は俄然、残業反対派です。
会社で決まった時間以外=自分の時間です。

確かに、残業代って若いうちは結構あるとありがたいものです。
だけど自分の時間を切り売りして得た時間ですよ。
その時間で、家族や友人、大切な人と一緒にいる時間、趣味に費やす時間、副業する時間
将来を設計する時間、そう言った唯一無二の時間が削られるわけです。

しかも、残業による過労が社会的にも問題になっていて、
経営者としても残業代は持って行かれるは、
過労だって訴えられるわでありがた迷惑な話です。

そもそも、残業で稼ごうって設計が間違っていませんか?
無理矢理すぎます。

やめましょう。


大人気ブロガーのイケダハヤトさんの記事です。
残業代を稼げば稼ぐほど、将来の年収は下がるよ」と先輩は言った。 : まだ東京で消耗してるの?


残業を減らした分だけ、残業代を出すという取り組みも・・・・
「残業を減らした分だけ、残業代を出す」ホワイト化に成功したSCSKの働き方改革 - エキサイトニュース(2/3)

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0